非正規雇用から正社員へ転職するためには

非正規雇用から正社員へ転職するためには

 非正規雇用より正社員に転職したいと思っている方は多いかと思いますが、現在の日本では非正規雇用が4割以上を超えている状態ですが、仕事さえ厳選すれば正社員雇用も夢ではありません。

 

正社員雇用に近づける職業とは?

 一旦契約社員になると正社員雇用されるのは難しいと言われていますが、正社員になるには正社員登用されやすい職業を選ぶことが重要なカギとなります。なかでもアパレル業は契約社員や派遣社員が多く登用されていますが、そこから正社員登用される方もいますが、そのブランドのターゲット層やネームバリューなどを意識して転職活動をすれば、さらに登用されやすくなります。

 

 ただし、アパレルなどの販売業は販売ノルマがありますので、真面目にコツコツとノルマをこなしたりと、真面目に仕事をこなしていく努力が必要です。

 

転職活動中派遣で働くのもあり

 正社員登用を目指して転職活動をしている間、契約社員として生活費を稼ぐため勤務しながら転職活動をしておけば、契約社員は1〜3ヶ月などの短期雇用が多いので、時給も高めに設定されていますので、正社員の職が見つかった後はすぐに働くこともでき便利です。

 

転職活動は人材紹介会社や転職エージェントを利用

 転職活動は幅広いツールを使いこなすのが転職のポイントになっていますので、自分で転職活動をしつつも自分の希望に当てはまる求人を紹介してくれる「人材紹介会社」や「転職エージェント」などに登録しておき、とりあえずオファーメールを受け取り、気になるものがあるなら面接を受けてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ