転職者に求められる人柄やマナーとは

転職者に求められる人柄やマナーとは

採用基準は能力だけではない

 転職者がどんなスキルを持っていて、どんな経験をしてきたのかは、面接でのアピールに使えます。この点に力を注ぐのも間違ってはいませんが、同じくらい人柄やマナーも求められていることを忘れてはなりません。社会人として一歩抜きんでるためには、相手に安心感を与えられる人物になる必要があるのです。

 

面接での人柄

 例えば、相手の目を見て笑顔で会話する人物と、その逆の対応を取ってしまう人物では、前者の方が魅力的に映ります。社会人として、多くの人とかかわっていく以上、人柄の良し悪しは欠かせません。一緒に働きたいと思わせる対応を目指しましょう。

 

面接官の気持ちになる

 また、面接官に好印象を持たせるためには、まず面接官の気持ちを察することが大切です。もし自分が面接官なら、自分はどう映っているのか、アピールが空回りしていないかを考えましょう。そうすれば、自ずとマナーも正されていきますし、相手に魅力的に映る人物へ近づけるはずです。

 

すぐには変えられない

 これらの人柄やマナーは、練習せずに臨んでもなかなか改善されません。客観的に自分を見つめながら、自分がどのように見られているのかを考えましょう。できれば、誰かに手伝ってもらうことをオススメします。

ホーム RSS購読 サイトマップ