自分の長所と短所を答えられるように

自分の長所と短所を答えられるように

意外と答えづらい質問

 自分の長所と短所、意外と答えられない方も多いのではないでしょうか。短所は思いついても、長所がなかなか思いつかない方もいるでしょう。面接の際に頻繁に聞かれる質問の一つなので、自身の長所と短所は答えられるようにしておきましょう。

 

長所と短所は裏表

 例えば、自分は大人しい方だと考えるか、陰気と考えるかは人それぞれでしょう。おせっかいと考えていても、それは協調性が高い人物と考えることもできます。企業は後ろ向きの人材より、前向きの人材を好むので、後ろ向きに考えずに前向きに考えてみましょう。

 

他の話と繋げられるか

 単に集中力がある、と答えただけでは、不十分です。その集中力の高さを活かした経験、実績があれば、そちらをアピールできるはずです。長所と実績をワンセットにしてしまえば、さらに高い効果を期待できるので、自分の過去の実績を振り返ってみましょう。場合によっては、そこから新たな長所が見つかるかもしれません。

 

魅力的な人物になるために

 このように、長所と短所を把握し、それをアピールに繋げられるかがポイントなのです。面接において、無駄な質問は一つもありません。どれ一つとってもアピールへと繋がるので、そのアピールを怠らないようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ