契約社員から正社員になる為の方法とは?

契約社員から正社員になる為の方法とは?

 現在非正規で雇用は6割にもなり、正社員は残り4割ほどしかなりません。そんな状況の中、契約社員やアルバイトで勤務しているけれど、いつかは正社員になりたいと願っている方も多数います。では、派遣社員から正社員になるためには、どうするのが近道なのでしょうか?

 

紹介予定派遣を利用する

 これまで正社員になった事が無い方、以前は正社員だったけれど、派遣や契約社員・アルバイトが長かったという方にオススメなのが、この紹介予定派遣制度です。正社員になることを前提として3〜6ヶ月職場で働いたのち、そのまま正社員ななるかどうかを選択できます。職場の雰囲気が悪い、働きにくいなどの場合には断ることもできます。

 

転職専門のエージェントに依頼をする

 転職を専門としたエージェントは、依頼人から転職したい会社の希望を聞き、寄せられてくる求人の中から最適と思われる求人をセットアップし仲介してくれます。転職エージェントには一般非公開の求人が沢山集まってきますので、まずはエージェントに登録しておき派遣として働きながら転職活動をしていきましょう。

 

 派遣社員や契約社員は不景気ななればすぐに契約を切られる存在です。ですが、資格を取得したり入りやすい業界で正社員になるなど、工夫をすれば正社員になることはできますが、正社員になって何をしたいのかを考え、自分の能力を活かせる会社での正社員登用を目指しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ